ftguytu

[PR 広告]

  1. -/-/-(-) -:-:-|
  2. [PR 広告]

しかも、彼とはセフレから始まったので、詳しく聞かれるたびに焦りますね


女同士が一緒にいると、おのずと話題LIDO SPRAYに上るのは恋愛の話。
ましてや彼氏ができれば、聞いて聞いて! と言わんばかりにノロケ話をしたくなってしまうものですよね。

すべてあけっぴろげに話す必要なし!しかし、あなたの付き合っている相手によっては「彼氏のことは話したくない……」と、わざと話題を避けることもあるはず。

今回は、アラサー女子が彼氏のことを女友だちに話したくない理由について調査してみました。

●その1:友だちの元カレと交際中

「女友だちから散々、彼氏の悪口を聞かせられてきたんですが、いざ会ってみると意外と悪い人じゃなかったんですよね。むしろ、彼の話を聞けば聞くほど、別れの原因は彼女にある気がして……。惚れちゃったから、そう聞こえるのかもしれないけど。どっちにしろ、彼のことはシアリス 通販まだ話す自信がありません」(30歳/派遣)

●その2:出会いはネット掲示板

「友だちには『知り合ったきっかけは合コン』といっていますが、本当はネットの掲示板です。しかも、彼とはセフレから始まったので、詳しく聞かれるたびに焦りますね。この前も『誰と合コン行ったの?』『えー今度会ってみたい』と言われ冷や汗。いまから彼と口裏合わせに必死です」(31歳/メーカー)

●その3:友人と同じ業種

「女友だちとその彼氏、同じ福祉の現場で働いているんです。それだけなら話が弾みそうなんですが、以前から友だちに『あそこの職員は対応が悪い』と愚痴を聞かせられていて……。実はそれ、彼の職場なんですよ。恐ろしいので職員の名前は聞いてませんが、とりあえず彼の仕事を聞かれたら『接客の仕事』と答えるようにしています」(33歳/製造)

●その4:彼氏は一回り年下!

「彼氏のことは『男らしくて、グイグイ引っ張ってくれる人だよ』と答えていますが、本当は12歳年下の大学生と付き合っています。正直に年齢をいったら、なにをいわれるか分かっているので。でも、ウソはついていませんよ」(32歳/販売)

●の5:嫉妬が怖い!玉の輿

「彼は製品会社の工場長をしていて、結構高収入。具体的な金額を言うと友だちに嫉妬されそうなので『彼って、顔はそうでもないけど、性格がとにかく優しいんだよね』といえば、だいたいの友達が『あ~、やっぱり性格だよね』と相槌を打ってくれます」(30歳/IT)

誰しも「聞かれたくないな」と思うことは、つい隠したくなるもの。

とくに彼氏優先に考える女性なら、なおさらかもしれません。

彼について聞くときは相手の様子を見ながら、会話の流れを調節するようにしましょう。

Written by Gow! Magazine編集部
Photo by stockimages
  1. 2016/4/1(金) 15:35:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チーズケーキは、濃厚さとさわやかさを持ち合わせたケーキ


女の子たちをいろんなスイーツに見立てて分類する「スイーツ女子図鑑」。さまざまなスイーツ女子たちの、独特の魅力に迫ります。これまでにもサブカル系女子、ギャル系女子、モシアリス 通販テ系女子についてそれぞれご紹介してきましたが、今回は、才色兼備タイプのチーズケーキ女子&ティラミス女子の登場です。

チーズケーキ女子&ティラミス女子って?

チーズケーキもティラミスも、チーズの風味がきいたスイーツ。チーズケーキは、濃厚さとさわやかさを持ち合わせたケーキ。甘いものが苦手な人にも愛され、喫茶店には欠かせない存在です。
ティラミスは、コーヒーを染み込ませたスポンジと、とろけるマスカルポーネのクリームを重ねた、風味豊かなケーキ。ボリュームたっぷりのイタリアンのあとでもついつい手を伸ばしてしまう、罪なデザートです。
チーズケーキ女子、ティラミス女子は、そんなひとクセあるリッチなスイーツのよう。どちらも知的なオーラが漂い、気が強めなキャラです。

チーズケーキ女子は、キャリアウーマン気質。iPadやMacBook Airを常に携帯し、スタバに通う毎日です。さっぱりした性格だけどずっしりと教養豊かで、男女ともに親しみを持たれるユニセッLIDO SPRAYクスなスタイル。
ファッションは、かっちりめのマニッシュなスタイルの中に、ハイヒールや華奢なアクセなど、フェミニンなスパイスをきかせるのがポイント。化粧はナチュラルにこだわりますが、ネイルにも手を抜かず、遊び心のある色を取り入れます。
ティラミス女子は、クラシックなお嬢様タイプ。かばんの中には古典文学の本をしのばせて。芸術への深い造詣と、情熱的な感受性とが重なり合って、独特の神秘的な雰囲気を醸し出しています。
ファーコートをさらりと着こなし、アクセサリーは家族からのプレゼントのティファニー。ゴージャスなアイテムを身につけていても、ウイスキーボンボン女子のようにはギャル系にならない、生まれ持った上品さがあります。元の顔立ちが強めなので、メイクは最低限ですが、アイブロウとルージュはマスト。だらしなく見えないのがティラミス女子らしさです。

昼デートと夜デート

そんな彼女たちは基本的に、自分の趣味に付き合ってくれる男子としかデートしません。
チーズケーキ女子のデートは、お昼なら本屋さんデート。カフェが併設された書店でのんびり輸入雑誌やインテリア、デザイン関連の本などを立ち読みして過ごします。
夜はレイトショーデート。映画館の中のレストランで、映画が始まるまでワインを飲みながらマニアックなトークを。
ティラミス女子のデートは、お昼は美術館デート。二人で一緒に周るより、入り口から別行動で展示を見ることもしばしば……。
そして夜は落ち着いたバーでお互いの人生観を語り合い、気がついたら明け方。終電でデートが終わることは、ほぼ皆無です。

恋に悩んだらこうなる!
チーズケーキ女子やティラミス女子には、妙に自信家の男子が寄りつきやすい傾向にあります。彼女たちの知性に便乗して自分の株を上げたいともくろむ男子や、才色兼備な女をアクセサリー代わりにしたいと思っているだけの男子にも絡まれやすいのが難点。だからといって、無難な男子との恋にはすぐ飽きてしまいます。
モテるのに、しょっちゅう恋愛に悩んでいるふたりなのです。そんなふたりの、恋の
  1. 2016/4/1(金) 15:34:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そんなキスの時間をより素敵なものにするために、さまざまな準備をすることもあるようです


恋人とするキスは、大切なスキンシップのひとつ。そんなキスの時間をよシアリス 価格り素敵なものにするために、さまざまな準備をすることもあるようです。そこで今回は、女性のみなさんに「キスをする前に気をつけていること」について聞いてみました。

■口が臭いのはNGでしょう!

・「口臭には気をつけているつもり」(29歳/学校・教育関連/専門職)

・「ニオイのある食事をとらないようにしている」(32歳/その他/事務系専門職)

・「歯をみがける環境なら、みがく」(30歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「ニオうものは食べるのを避ける。のりがついてないか、歯にはさまってないか」(27歳/その他/販売職・サービス系)

リドスプレー

口臭に気をつけている女性の回答が目立ちました。「今日はキスするかも?」という日は、歯を入念にみがいたり、ニオイの強い食べ物は避けるようにしている女性は少なくないようですね。

■ムダ毛のケアは念入りに

・「顔のうぶ毛を剃っておく」(26歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「口まわりのムダ毛処理をしておく」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「鼻の下のうぶ毛を剃るようにしている」(30歳/医薬品・化粧品/専門職)

顔まわりのうぶ毛に、男性は敏感に反応してしまうもの。うっかり処理をし忘れて幻滅されないよう、しっかりケアを忘れずに。

■カサカサ唇はダメ、絶対!

・「唇の乾燥に気をつけています。乾燥していると痛いので」(28歳/情報・IT/技術職)

・「唇の乾燥。カサカサするので」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「唇がガサガサでないか確認してしまう」(28歳/食品・飲料/技術職)

キスをするとき、唇がガサガサだと台なし。乾燥がひどいと、唇と唇が触れたとき「痛い!」となってしまう可能性もあるので、リップクリームなどでしっかり保湿をして、「うるツヤ」感をキープしておきましょう。

みなさん、キスをする前にさまざまなことを実践しているみたいですね。あなたは、恋人とキスをするとき、どんなことに気をつけていますか?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年3月にWebアンケート。有効回答数211件(22歳~34歳の働く女性)


  1. 2016/3/24(木) 19:7:2|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

でも、女性にもその気持ちがあるのなら、むしろ問題ないのかも?■2人だけでごはんにも行ける女友だち・「ごはんに行く延長と


恋人ではない異性を自宅に呼んで2人きり……なんてことはありますか? 恋人ではリドスプレーない、というあたりに、2人のこれからをいろいろ想像してしまいそうですが、実際に呼ぶとしたら、どんな相手を選ぶのでしょうか……? そこで、今回は男性のみなさんが「この人なら呼びたい」という女性について聞いてみました。

Q.彼女がいない場合、「(ひとりだけ)自宅においでよ」と誘えるのはどんな人ですか?

「自分が気になっている女友だち」52.9%
「自分に好意がありそうな女友だち」42.3%
「2人だけでごはんにも行ける女友だち」31.7%
「その他大勢の中のひとりな女友だち」4.8%
「知り合って間もない女友だち」2.9%
※複数回答可、その他は除く

それでは、それぞれを選んだみなさんの気持ちを教えてもらいましょう。

■「自分が気になっている女友だち」

・「気になっている女性と2人きりになるチャンスだから」(35歳/運輸・倉庫/その他)
・「好みの女性以外自分の部屋シアリス 価格は見せたくない」(34歳/自動車関連/営業職)
・「自分が好きな相手以外はテリトリーに入れられない」(31歳/情報・IT/技術職)
・「もっと距離を縮めたいと思っているから」(25歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

やはり、一番多かったのが「気になる女友だち」という回答でした。この子、ちょっといいかも……という相手を家に呼ぶのは、やはり次の進展を期待してのことかもしれませんね。うまくいけば次のステップに進めるかも?

■「自分に好意がありそうな女友だち」

・「もしかしたらいい関係になれるかも、と思ってしまうから」(25歳/農林・水産/技術職)
・「好意がなければ誘っても断られるだろうから」(32歳/小売店/事務系専門職)
・「今後の進展を期待できる女友だちなら誘いたいと思うから」(30歳/情報・IT/技術職)
・「次の展開を期待している」(37歳/団体・公益法人・官公庁/営業職)

こんな相手を呼ぶのは、「あわよくば次の展開へと進みたい!」という気持ちですよね。でも、女性にもその気持ちがあるのなら、むしろ問題ないのかも?

■2人だけでごはんにも行ける女友だち

・「ごはんに行く延長と思えばいいので」(33歳/小売店/販売職・サービス系)
・「おいしいごはんを食べる関係なら安心です」(29歳/運輸・倉庫/技術職)
・「ある程度仲良くなってるし、もしかしたら何か進展があるかもしれないので」(33歳/機械・精密機器/技術職)

一緒にごはんを食べに行けるような相手なら、きっと気軽に家に呼べるはず。楽しい時間を過ごせるにちがいありません。

男性が自宅に招きたいと思う女友だちは、やはりある程度親しさを感じる人のようです。そして、言葉の裏には今後の進展を期待する気持ちが隠れている可能性が高そう。一気に関係が進展しそうな自宅へのお誘いは、タイミングさえまちがえなければ、とっても使えるアプローチ方法ですね!?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2014年12月にWebアンケート。有効回答数104件(22歳~39歳の社会人男性)。


  1. 2016/3/24(木) 19:6:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そんなときにどう乗り越えていけるかが、夫婦になるうえで大切な要素になってくるかと思います


【相談者:30代男性】
付き合って1年半の彼女がいるのですが、結婚するべきか悩んでいます。見た目がタイプで私から告白してお付き合いをはじめました。天真爛漫で一緒にいシアリス 通販て飽きない子なのですが、振り回されて疲れることも多く、結婚するなら落ち着いた人がいいと 最近は強く思うようになってきました。

ただ、自分から告白した責任や年齢的なこともあり、合わないところには目を瞑り、理想とは違っても彼女との結婚を見据えるべきなのかと……。どうかご助言いただけたらと思います。

●A. 譲れる価値観や受け入れられる短所を明確にすることが幸せのカギ。

夫婦円満のスパイスにもなる笑顔づくり専門家の千葉こころです。

ドキドキや楽しさを重視する恋愛では、彼女さんのように天真爛漫なタイプは刺激的で、いつまでたっても色あせない恋愛を楽しめるのに対し、生活がメインとなる結婚では良妻賢母とはいわないまでも、地に足のついたタイプを求めてしまう。

未婚既婚に関わらず、世の多くの男性が同じ理想を抱いていることでしょう。実際の結婚生活は、育った環境も価値観も違う2人がひとつ屋根の下で一生を添い遂げるのですから、どんなに理想LIDO SPRAY的な女性だったとしても波風の立つことはあるものです。そんなときにどう乗り越えていけるかが、夫婦になるうえで大切な要素になってくるかと思います。

そこで、実際に結婚生活を送っている3人の男性に、結婚前の理想と現実、夫婦として必要なものは何かを語っていただきました。

●(1)池田雅人さん(仮名/35歳・結婚歴3年)

『妻はアクティブなタイプで、恋愛中はさまざまなスポーツを一緒に楽しみました。結婚してからもそのままでいられるかと思っていましたが、実際は妊娠や経済的な事情から恋愛中のようにはいかず。先々のための貯金、マイホームの夢、子育て資金などとにかくお金に厳しくなって、僕の自由になるお金も毎月もらえるお小遣いのみ。

「夫婦や家族で楽しむために使うのは浪費じゃない」と言う僕と、「お金のかからない遊び方もある」と言う妻の価値観の違いでケンカになることも多かったです。何度も話し合いを重ね、今では年に1回旅行をかねてマリンスポーツなどを楽しむことにしています。結婚して立場が変わることで考え方も変わるので、どれだけ建設的な話し合いができる相手かが大切なんじゃないかと思います』

●(2)原田孝之さん(仮名/29歳・結婚歴2年)

『僕の一目惚れで半年かけて口説き落としました。顔もスタイルも性格もパーフェクト! とにかく惚れこんでいて結婚が決まったときは死ぬほど嬉しかったものです。今でもその気持ちは変わりません。でも、やっぱり生活となると目線が変わってくるんですよね。

いちばん衝撃だったのは、家事が嫌いなこと。仕事で疲れて帰ってきて部屋が散らかっていたり、ごはんが手抜きだったりすると、1日何してたの? って気持ちになる。そこに美しさとかは関係ないんです。結婚前は家事能力がどうかとかまで考えていなかったし、一緒に暮らすことではじめて見えてくるものもありますよね。

今はありのままの彼女を受け止める努力をして、できることが少しずつ増えるように協力しながら教えています。大切なのは、「どこを妥協するか」か
  1. 2016/3/15(火) 12:23:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
 X 閉じる
MORK